官公庁の派遣の特徴って?

官公庁の派遣の特徴は幾つかあります。

1 仕事が比較的楽

 

これは職種にもよるので、とても忙しい部署もありますが、
受け付けや一般事務、秘書などの場合、比較的残業も少なく
日々の業務もそれほど大変ではないということがあります。

 

官公庁の派遣は、主婦などの場合も多く、特に高いスキルや技能も求められない
ものも多くあります。
業務量も残業をしないでこなせるくらいの場合も多いですね。

 

2 時給が低め

 

派遣社員の場合、一般事務でも1000円以上のことが多いのですが、
官公庁は1000円を切る場合もあります。
パソコンや英語のスキルが必要ではない場合は、800円程度のこともありますね。
パートの時給とあまり変わらない場合もあります。

 

3 就業しやすい

 

官公庁は案件によっては一つの派遣会社の独占案件であることもあります。
そういった場合、派遣会社が推薦してくれればほぼ100%就業することができる
というのは大きなメリットです。
また、一般お派遣と違い、競争率もあまり高くなく、比較的希望した仕事に
決まりやすいということもあります。

 

いつから探す?

仕事場

普通の派遣の仕事というのは、一年中募集があるといってもいいですが、官公庁の場合はちょっと違います。

4月スタートの仕事が多いので、募集は2月から
3月に集中します。

3月も末頃になるといい仕事はなくなってしまうことが多いですね!

 

したがって、2月になったら準備を整えておくといいでしょう。
官公庁の仕事の契約はだいたい1年となっています。
場合によっては2年ということもあります。
派遣の契約が2,3ヶ月であることと比べると、安定しているとも言えますね。

 

途中で辞めるのは好ましくありませんが、現実は途中でやめていく人もいます。
理由は様々ですが、やめた場合また新しく後任の人が入るということになります。
その場合は入った月から翌年の3月までということになります。

 

★官公庁・公的機関の派遣を探すなら⇒こちらの記事を参考に!

全国の仕事を網羅!学校・試験・公的機関に強い!

ランスタッド